ライフハック

AHPで意思決定しよう

今回は、意思決定を行う際に手助けしてくれる手法であるAHP:階層分析法(Analytic Hierarchy Process)を紹介します。(本記事には一部個人的見解が含まれます)(2021年11月現在)

AHPは、いつ使えるの?

大学2回生
大学2回生
旅行の計画は・・・

例えば、

  • ごはんを食べに行く店
  • 人に会いに行くときに着ていく服
  • 卒業旅行で行く場所の決定

など、選択肢と、それを決めるための評価基準を、要素毎にばらすことができる問題は、AHPで考えることができます。

AHPってどうやって使うの?

AHPの基本的な考え方や使い方は、このサイトを見ればわかると思います。

AHP(階層分析法; Analytic Hierarchy Process)の分析の流れ

ここで重要なことは、必ず、すべての項目で一対比較を行うことです。

例えば、ケーキを買う場合を考えます。

評価基準が、おいしさ、値段、インスタ映え

の三つであれば、

  • おいしさ VS 値段
  • おいしさ VS インスタ映え
  • 値段 VS インスタ映え

で比較します。

選択肢が、300円のかわいい見た目で味は普通のショートケーキ、400円のシンプルな見た目のおいしいチョコケーキ

の二つであれば、

  • おいしさについては ショートケーキ < チョコケーキ
  • 値段については ショートケーキ > チョコケーキ
  • インスタ映えについては ショートケーキ > チョコケーキ

となります。

おいしさなど、計量化が難しいものでも、一対一なら数値をつけれるので、他人に説明する際などに、論理的に話せます。

例えば、

大学2回生
大学2回生
安くて見た目のいいショートケーキよりも、おいしさが重要なので、チョコケーキが食べたいです。

ということです。

AHPを実践しよう(複数の内定から一つを選択)

実践的な例として、複数の内定をもらった場合の意思決定の手助けに、AHPを使う方法を見ていきましょう。

まずは、評価基準を考えます。

今回は、この6つを評価基準にします。(この部分は、各自で違ってくるはずです)

次に、それぞれを一対比較をしながら、数値を与えていきましょう。

AHPの重要度の計算(固有値の計算ソフトウエア)

このソフトウェアを使うと、簡単に計算ができます。

ここで、C.I.の値が大きすぎる場合は、評価基準を再検討してみましょう。

AHP(階層分析法; Analytic Hierarchy Process)の分析の流れ を参考にしながら、重みを、グラフ化します。

グラフから、業務内容を一番重視していて、勤務地は、あまりこだわりがないことが分かりますね。

では、各評価基準について、次は企業を一対比較していきます。

ここでは、A,B,C,D の4社から内定をもらったとします。

まずは、業務内容について、、、

このような結果になりました。(一番右が重みです。)

他の評価基準でも、一対比較をしていきましょう。

重みのデータだけをまとめます。

ここで、各企業の要素毎の重みに、 評価基準の重みを掛けることで、総合評価値が算出されます。

AHP(階層分析法; Analytic Hierarchy Process)の分析の流れ を参考に、この結果もグラフ化してみましょう。

総合評価では、

A社 

B社 

D社 

C社

の順番になり、上2つと下2つでは差があることが分かりましたこの結果から、A社かB社のどちらかから決めるのがよさそう、ということが言えますね。

まとめ

ここまで、AHPについて紹介してきました。意思決定の際に、AHPを使うことで、より論理的に考えることができます。長期間の旅行先を決めるのに使うにはいいですが、一人でご飯を食べに行くのに使うのには時間のかかりすぎますね・・・。重要なことを決める時や、意思決定のプロセスを人に伝えたい時、選択に迷った時の最後の一押しなどに、この手法を使ってみましょう。

参考文献

AHP(階層分析法; Analytic Hierarchy Process)の分析の流れ

AHPの重要度の計算(固有値の計算ソフトウエア)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA